Are-kore diary in Moscow*。」カテゴリーアーカイブ

ロシアに来たら、ロシアワインはどこで買える?

日本だとロシアワインを買う機会は稀有ですが、ロシアに来たらどこでロシアワインを買うのがオススメか、地元のスーパーマケットを中心にご紹介します。

地元のスーパに置かれているロシアワインは、空港で買うよりも値段もワインの種類も多く、選択幅が広がります。

①ペレクリョーストック https://vprok.ru/shops

ロシアで大手のスーパーマーケット。店舗数も多いし、ワインの他にも、ウォッカとかハチミツとかのお土産が買えるから便利です。今年の夏はChateau Tamagne (https://chateautamagne.ru) が、ペレクリョーストックだけで買える特別ラベル”VERT”を出していました。お値段は500ルーブル台で、味はChateau Tamagne(シャトゥー・タマン)っぽく程よい甘さがあって、でもロシアン・スウィートみたいに激甘じゃなく、軽く、バランスが取れてて、暑かった夏にぴったりでした。

↑今年の”VERT。Chateau Tamagne(シャトゥー・タマン)より。

②アスブカ・フクーサ https://av.ru

こちらはモスクワかサンクトペテルブルグに限られてしまいますが、高級スーパーマーケットのアスブカ・フクーサだと、空港においてあるようなミドルアップ・クラス以上のワインを買うことができます。物によっては、例えばレフカディア(Lefkadia)とかビュルネ(Domaines-Burnier)がセールになっていることがあり、そんなときは超お買得です。

↑ペレクリョーストックや色々なお店で取り扱いのある国民的ワインのFanagoria.

その他にもペレクリョーストックの系列に入る低価格スーパーマーケットKarusel(カルセル) や、ハイパーマーケットの Auchan(オーシャン、ロシア風発音だと”アシャン”)など、大きいスーパーだったら大抵はロシアン・ワインがありますよ。

これらのスーパーは大体、ワインコーナーに”ロシアワイン”とコーナー分けしてあるので、お目当のワインにたどり着けますよ。

最近はロシアワインを取り扱うお店が増えました。今まであまり取り扱いがなかったお店も、国内のロシアワインブームをきっかけに増えてくると思います。

 

空港で売られてるロシアン・ワインについてはこちら!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ内でロシア・ワインの記事を読みたい場合は、ダグで「russian wine 」や「ロシアワイン」、またはカテゴリー欄で「Are-kore diary about wine*。」を選択してください。

お仕事の依頼は、contactへお願いします。

ロシアのワインについて 〜価格帯〜/ Russian wine on affordable price range

ロシアのワインについて、色々書きたいことがありますが、今回はロシア人がどのくらいの価格帯のワインを飲んでいるかについてまとめます。

最近、ロシアの消費者組織が発表した国内で売られているワインの平均購入価格は1瓶で400ルーブル以内*ということ。今の為替で計算すると、1ルーブル=1.5円として400ルーブルは約600円。これって、毎日美味しく飲むためのワインを探すのは結構大変な値段帯なのです。

まあ美味しく楽しくいただけるワインの値段帯は国産ワイン、輸入ワインをひっくるめて500〜1000ルーブルが妥当かな、と思っています。

なかなか、ロシア国産のワインで毎日飲めて楽しいな〜というのは500ルーブルだと結構難しい。これいいな〜とか考えているとどうしても1000ルーブルはいってしまいます。

ロシアのワインで、気軽に楽しく飲めて、値段もコストパフォーマンスが良いのは、KUBAN-WINE(Кубан-Вино)というロシアの南にあるワイナリーが製造している、Chateau Tamagne シリーズかなと思います。味、値段の他に重要なのは、どこにでも売っているということ。大体大きなスーパーマーケットに行くと売っています。味はロシアン風にやっぱり辛口ワインでもほのかに甘いのですが、ロシア・チョコレートみたいに激甘じゃなくて、バランスが取れてて飲みやすいです。

Chateau TamagneのHP https://chateautamagne.ru

その他にも、購入しやすくて、安定してワインを供給しているのはFanagoria (https://en.fanagoria.ru)というワイナリーもあります。こちらは、国際舞台にも果敢なくチャレンジして賞を取ったり、空港でも購入できるので知名度は高いです。

Chateau Tamagne(KUBAN-WINE)が庶民的でフレンドリーなワイナリーとしたら、Fanagoriaはが海外発信のも積極的なイケイケワイナリーかな、と勝手にイメージしてます。

どちらも、ロシアの巨大なワイナリーで、カテゴリーによっても違いますが、400ルーブル以内で買うことができるものが結構あります。

ただ、普段飲みには少し冒険してみたいものです。そうなると、ロシアワインで探すと400ルーブルは余裕で超えるし、ん〜、じゃあ、コストパフォーマンスがいい海外のワインへ移ってしまう、、、ということがあるのは否めませんね。

それでも、折角ロシアにいるから、ロシア・ワインを色々試してみたい!ということで、いいのがあれば、なるだけ、ロシア・ワインをディスカバーするようにしています。

下の写真は、去年ドイツへ行く時に、モスクワのシェレメチェボ空港で見つけたワインコーナー。ロシアワインのラインアップがかなり増えてます。

↑こちらは「レフカディア(Lefkadia)」値段はしますが、いいワインを作っています。お土産にぴったりですよ。

↑ビュルネ(Domaines-Burnier)も空港で見るようになった〜 モスクワ市内だと、結構限られたショップしか売ってないから、ここにあって感動してしまった。基本的に単一品種を製造していて、とても丁寧に作られています。これも、お土産にぴったり。特に、国産ぶどうを使ったワインは値段はするけど、ワイン付きな人に贈ると珍しい品種なので喜ばれると思います。

↑ウサジバ・ジヴノモルスコエ(Usadba Divnomorskoe)のワイン。Abrau-Dursoという19世紀からスパークリングワインを作っているワイナリーが出しているシリーズで、高級ワインといわれているけど、シリーズによっては700ルーブルぐらいのものもあるし、大きなスーパーでも見かけるので、実際のところ超高級って感じでもない。オーナーがプーチン大統領と交流のある人で、これは私の勝手なコメントだけど、官僚の間でここのワインがプレゼントとして贈られることをよく聞くから、お偉いさんワインというところでしょうか。個人的にはリースリングが好きです。

私がどんなロシア・ワインが好きかは、また別の日に書きたいと思います。

 

*参考記事

” Роскачество: россияне переходят на дешевое вино” https://agro24.ru/news/roskachestvo-rossiyane-perehodyat-na-deshevoye-vino/

“Более 80% продаж вина в России приходится на ценовую группу до 400 рублей за бутылку” https://new-retail.ru/novosti/retail/bolee_80_prodazh_vina_v_rossii_prikhoditsya_na_tsenovuyu_gruppu_do_400_rubley_za_butylku1427/

“Усадьба Дивноморское» нашла нового владельца Чем интересна винодельня в Краснодарском крае” https://www.kommersant.ru/doc/3849865

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ内でロシア・ワインの記事を読みたい場合は、ダグで「russian wine 」や「ロシアワイン」、またはカテゴリー欄で「Are-kore diary about wine*。」を選択してください。

お仕事の依頼は、contactへお願いします。

Just a note_Legalization of my diploma

Since I’ve finished my master degree, I just wanted to do a legalization for my diploma. Lucky, there is a place where I can do it near my house.  So I used my opportunity at lunch time week day I went there.

↑The place is located in a quiet place. I think people never know what are they doing in this building. The cats were welcome to me in the entrance))

↑ This is the entrance. The people who can get in was limited. If there are many people, you have to wait outside while your line comes.

Actually, I could enter without reservation. Inside the office was only 2 people. It was while based room, the atmosphere was inorganic. I was little bit worried about whether I brought all necessary documents or not. But it was okay. People who is working there also not so bad. They was very business attitude, no punish.

Interestingly, the legalization will be done in 40 days. I received the number which I can track on the internet, but it doesn’t work… I will track on the phone, more  later..

↑After finished to submit the documents, backing at home, water man clean up the road. Passenger can be wet because the man spreads out the water.

 

↑ Working time of Legalization center.

 

Let’s see how it will be done in a month.

 

Source how to do the legalization: https://www.hse.ru/en/studyspravka/legaldiploma/

旅行は最小限に

前回の記事(→「いつも美しいです」07/30/2020)にも書きましたが、ロシア人のコロナ感染に対する態度は、私の周りをみると適当だなーと思います。私の友達は今年は暑くいい夏なので、もう色々なところへ行きたくてワクワク、家にじっとして入れられなく「遊びに行こうよ〜!」と何度もお誘いの連絡きました。

彼女はモスクワは飽き、地方都市への遠出旅行に夢中になって、寝台電車で行こうよ〜行ってきたよ〜と連絡くれるのですが、私はどうも3密をやぶる寝台電車での旅行は嫌ですね。

何か「寝台電車はコロナ感染しやすい」という記事がないか探していましたが、それらしきものをやっと見つけました。ただ「寝台電車がコロナ感染で危ない」と直接的な書き方をする記事は全然見当たららず、「寝台電車は色々なばい菌がたくさん」という間接的なものだったら、いくつかみつけられたので、これは鉄道会社への配慮をした政治的な理由があるのか、それともロシア人自体があまり清潔ということを気にしないのか?、よく分かりません。(すごく暑くなると汚いモスクワ川で泳ぐ人もたくさんいるし、多分いろんな免疫が既についているのだといつも思う。。)

今回、該当した内容の記事が書いてあったのはこちら↓

「列車が換気規則に違反、車内がウィルスの繁殖地となる(1520. 鉄道ぜんぶについて、2月)」Проводники поездов нарушают инструкции по вентиляции, из-за этого вагоны становятся рассадником вирусов: https://zen.yandex.ru/media/1520/provodniki-poezdov-narushaiut-instrukcii-po-ventiliacii-izza-etogo-vagony-stanoviatsia-rassadnikom-virusov-5e525a7a11638a2a18c14f1f

今月のニュースで、列車のばい菌について特集していた映像はこちら↓

「駅や空港は依然としてウイルスや細菌の繁殖地だ(モーニング・ロシア1、8月)」Транспортное происшествие. Вокзалы и аэропорты остаются рассадником вирусов и микробов:https://russia.tv/video/show/brand_id/3838/episode_id/2431236/video_id/2323037/viewtype/picture/

寝台電車は国土が広いロシアで一般に使われていてます。全然知らない人たちが同じ車両の空間をシェアーするし、飛行機のように換気も完璧じゃないし、車体も古いものだから、そりゃ、感染リスクは大きくなりますよね。

先週、たまたま家の近所に住んでいる中国人のクラスメートと、公園でぶらぶらしました。彼女はロシア人みたいに「わ〜い!、遊ぶぞ夏だ〜」というのは全くなく、なるだけ感染のリスクを減らすように人混みは避ける、無理な行動はしない、というのが考えでした。それぞれが、どのくらいコロナ感染予防対策を気に留めるとか、お上のことを聞き入れるかなどの度合いは、大学で勉強したホフステッド指数が結構顕著に現れてくるのかなって思いました。

The virus gone away?

I thought that the summer has finished after July 13, but it’s still there!! This week became hot weather again. There were very heavy thunders yesterday, but after the bunch of water, today is clear sky and hot summer.

Essentially, we have to put the mask on in the public places or shopping market, but really, no one put it on…. In the metro, of course no masks,,, in the shopping mall, of curse no…

That was funny that I saw today that security man who’s usually standing in front of the entrance, whispering “put the mask , put the mask (ностите маск)”. Really, he was whispering just close to my ears…. There was different security man on the different line. He looks very tough guy, was shouted the people who are entering the shopping mall without masks “PUT THE MASK ON!!”.

Last week, the daughter of my friend came to Moscow from other city of Russia by airline. She said that there were full of people in the airplane and airport. After hearing this fact, the news showed the situation of Moscow airport. The screen shows that so many people with kids or family group in the airport for having summer vacation inside Russia. The Russian resort area is also many people, of course they don’t put the mask, thousand of people in the buffet no social distance.

This is the situation surrounding the COVID-19 here. It looks like there is no virus anymore in summer.

 

4M

It has been past 4 months since I started to work from home. The time past so quickly! I have been in “The New Tretyakov Gallery” (Moscow Museum of Modern Art) this evening because every Wednesday is free. I entered the exhibition different from which I wanted to see it, but I could see the works of Boris Mikhailov which I used to see before. Yuriy Norshteyn , those were very good.

 

Retail Space Available テナント募集

After the lockdown, I see a lot of the advisements “Retail Space Available ” around my house, like Vkus Bill (grocery shop), Photo magazine, etc.   I saw that several retail shops or cafes can’t open after lifting restriction.

The local news say that about 80% of Moscow restraints will open after the restriction on June 23rd.  This number is slightly different  72% of Evator research company.

By the end of 2020, the share of vacant space in shopping centers will be 13-15%, as predicte an analyst. Anyway, many shops face to close their shops. We are watching this reality already now

 

 

Souse:Эксперт: около 80% ресторанов Москвы откроются после снятия ограничений 23 июня” https://tass.ru/ekonomika/8676821

 

Souse: В центре Москвы навсегда закрылись больше сотни магазинов и кафе https://retailer.ru/v-centre-moskvy-navsegda-zakrylis-bolshe-sotni-magazinov-i-kafe/

It was a great sunny day for a Victory parade

Today it was held the Victory parade which would be held on 9 May.

I didn’t check that they did something with weather to be sunny. Anyway it was a nice sunny day. I saw the airshow. It always makes me surprised and really impressive every time.

Moscow mayor recommended seeing the parade at home through the TV. Despite that,  I saw people watch the procession in the city center. Also I saw that audience in red square were difficult to keep the social distance.. It is true that usually, Moscovich tends to spend the holiday of Victory day outside of the country. Due to the expansion of coronavirus, many Moscovichs had a chance to see Victory parade on the live broadcast. Especially this year was 75th anniversary, the parade was enthusiastic. Moreover, it was a big event for Russian people and the parade could not be held in May because of the Covid-19, actually, many people were disappointed. I thought that they cerebrate too exaggeratedly, but this year, I thought that it is good things that people never forget WWII.  Living there for a long time, I already memorize the Victory days songs.. Grandfather, grandmother, father, mother, son, daughter, grandson, daughter, everybody participates in this event since they were little.

Che, what!? Что, че ?

I met cashier with an angry woman for the first time in ages today. It was in the electric shop in Citylink. Although today is a weekday, there were quite enough people in the shop evening. The moment I stopped by the checkout counter with my order number, she said to me “Chto (what)? “. For me what is what? I am coming here to buy your product! I want to pay! She was doing something with price tags, maybe she was busy with multi-tasks, but it is not an attitude for the client who readies to pay…

This unpleasant cashier can be observed especially before, well let say Soviet time.  They tended to show the attitude that they took the trouble to sell it to the client. “If you want to buy, take it but it not of my business”. But now, there are many people who educated what is business is, understand what service is.

When I saw the cashier like today, I always say in my head ” Welcome back to the Soviet Union! “